やまだ書店からのお知らせ
2018/9/12
【重要】読書アプリバージョンアップのお知らせ
≫詳しくはこちら
  

ジャンル別検索

ページ:1 2 3・・198

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法
佐藤大吾/NPO法人ドットジェイピー
倍率1倍台。学歴・職歴不問。若ければ若いほど当選しやすいのが、「議員」です。本書では、選挙戦のノウハ…

100年予測
ジョージ・フリードマン/櫻井祐子
「影のCIA」の異名をとる情報機関ストラトフォーのフリードマンが、21世紀に起こる政治・経済の危機、…

12歳からのスマホのマナー入門
藤川大祐
今、スマホのマナーが問われています。利用者の低年齢化が進むにつれて、歩きながら、あるいは自転車に乗り…

15歳からの労働組合入門
東海林 智
いま労働に尊厳はあるか?若年労働者が置かれた「貧困の現場」を告発しつつ、労働組合を通じて働く希望を取…

18歳選挙権で政治は変わるのか
著:21世紀の政治を考える政策秘書有志の会
選挙権年齢が18歳になり、新たに誕生する有権者は240万人。若い世代が自分たちの意見を、政治に活かす…

1968年
中川 右介
ちょうど50年前、1968年の日本は「昭和の青春」真っただ中。東大闘争、三億円事件、恋の季節、あした…

2011年7月24日 テレビが突然消える日
岡村黎明
2011年7月24日を境に日本中のアナログテレビが映らなくなる。地上波デジタル放送が全国いっせいに実…

2013年、中国・北朝鮮・ロシアが攻めてくる  日本国防の崩壊
福山隆/宮本一路
今、世界は激変している。中国は尖閣諸島を虎視眈々と狙い、ロシアは北方領土の永久統治を着々と進め、北朝…

2014年はこうなる! 宇田川敬介の今年の予想
宇田川敬介
2013年(平成25年)から続く安倍政権。2014年(平成26年)はどのような政権運営となるのか?「…

2015年の時事を振り返る5冊セット 全試合記者会見全文!激闘!なでしこジャパン 他
国際情勢研究会
2015年を騒がせたニュースをもう一度!2015年、日本で、そして世界で何が起こったのか?FIFAの…

2015年放射能クライシス
武田邦彦
4年後に起こるニッポンの危機とは何か?おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原…

2015年〜 世界の真実
長谷川慶太郎
いま、中国と北朝鮮の体制解体・崩壊が着実に進んでいる。これはつまり、日本は東アジアの「冷戦」の終結に…

2017年版これだけは覚えておきたい!不動産の税金
入江 俊輔/北村 佳代
人生の中で最も高い買い物といわれる“夢のマイホーム"。しかし、マイホーム購入の資金計画を土地と建物の…

2018世界経済総予測
週刊エコノミスト編集部
中東や北朝鮮で地政学リスクが懸念される中で、世界的な景気拡大や株価・不動産など資産価格の上昇は何を意…

2020年 石油超大国になるアメリカ
日高義樹
シェール革命、世界最大油田の開発、製造業の回帰によって、アメリカは劇的によみがえる。もはや中東の石油…

2030年 日本経済復活へのシナリオ(毎日新聞出版)
小尾敏夫/岩崎尚子
日本を、必ず復活させる。これがグローバル競争に勝つための「逆転シナリオ」だ! 中国やアジア諸国の台頭…

2030年からの警告 社会保障 砂上の安心網
編:日本経済新聞社
*2018年は社会保障改革が最大のテーマ。本書は政治家や官僚、学者から、市井の医療・介護従事者、患者…

2050年 衝撃の未来予想(TAC出版)
苫米地英人
脳、人工知能を専門とする科学者として活躍。イエール大学で人工知能の父、ロジャー・シャンクに師事し、コ…

20代からはじめる社会貢献
小暮真久
20代の若者のほうが、他の年齢層に比べ社会貢献に対する意識が高いという調査結果がある。その理由は本文…

20年後 ニッポンの難題―週刊東洋経済eビジネス新書No.264
週刊東洋経済編集部
人口減、そして高齢化のインパクトが鮮明になるとみられるのが20年後の2040年前後だ。その時、どんな…

ページ目へ