やまだ書店からのお知らせ
2023/3/31
2023年4月クレジットカード決済の運用変更について

≫詳しくはこちら

結婚が滅亡した日。

著者名: 白湯
作品詳細

恋愛下手な主人公・きな子は周囲の友達が次々と結婚していく中、「結婚」に対しての感情が憧れから嫌いに変わっていた。しかしそんな彼女にも、オタク趣味を共有し唯一「好き」と思える男性・楠田がいた。彼との関係を一歩進めようと決意した矢先、テレビから「結婚制度廃止」のニュースが…!? 混乱する人々が多い中、若者の間では「結婚」がなくなることで将来的な責任もなくなり、より自由な恋愛が流行りつつあった。それは楠田も例外でなく、すぐさまマッチングアプリに夢中になり…。彼の変化を目撃したきな子は、ショックを受けながらも自身の気持ちと向き合う。「結婚廃止」によって恋を失ったきな子は、街で同じく「結婚廃止」で困っている謎の男と出会い――…!? 結婚に対する感情が複雑なまま、新たな出会いと恋愛を通じて、きな子は自身の価値観を見つめ直す。そして、たどり着いた「本当の幸せ」とは――…!?

出版社:eBookJapan Plus
話で読む
巻で読む