やまだ書店からのお知らせ
2018/11/7
ポイントバックキャンペーン ポイント付与のお知らせ

2018/9/12
【重要】読書アプリバージョンアップのお知らせ
≫詳しくはこちら
  

[1〜10巻20%OFF] なんて素敵にジャパネスク
時は平安――京の都でも一、二を争う名門貴族の娘である瑠璃姫(るりひめ)は十六歳。初恋の相手・吉野君(よしののきみ)の面影を胸に抱いて独身主義を貫く決心をしていた。だが、世間体(せけんてい)を気にする父親は、結婚適齢期をとっくに過ぎた娘にうるさく結婚を勧めてくる。ついにある夜、父親の陰謀によって権少将(ごんのしょうしょう)と無理やり結婚させられることに!? 絶体絶命の危機を救ってくれたのは、筒井筒(つついづつ)の仲である高彬(たかあきら)だったが…!
[1〜2巻20%OFF] クララ白書
周囲からは「しーの」という愛称で呼ばれている、徳心学園中等科に通う桂木(かつらぎ)しのぶ。父の転勤で学園生活3年目にして付属の寄宿舎に入ることになったのだが、そのクララ舎には新入りに対するとんでもない伝統があった。しーのと編入生の蒔子(まきこ)と菊花(きっか)、3名の新入舎生に課せられたのは、食糧庫破り&ドーナツ45個を作り上げること! やってみせると言い切ったからには成功させなければ…!
[1〜2巻20%OFF] アグネス白書
徳心学園の高等科に進学し、寄宿舎もクララからアグネスに移った「しーの」。新しい部屋割りで誰と同室になるかが大問題。本当は親友のマッキーか菊花(きっか)だとよかったんだけど、舎長のたっての頼みで、及川朝衣(おいかわ あさい)なる編入生に決定。それでも新しい友達になれるかもと胸ときめかせていたしーのだったが、現れた朝衣はうわさ以上のとんでもない性格で…。
[1〜2巻20%OFF] シンデレラ迷宮
あたし・利根(りね)は、朝、目覚めたら、まるで知らない世界へきていたの。広い部屋で、覚えがないんだけど、招待客があたしを見つめていたの。踊り子のオディール、暁の国の姫君ゼランディーヌ、ソーンフィールドの奥方、そして王妃…。あたしは彼女たちの言葉に従ってそれぞれの家へ滞在することになったのよ。で、初めて知ったんだけど、彼女たち、まるで昔の私の姿を見ているようなの。
[1〜3巻20%OFF] 冬のディーン 夏のナタリー
ホントは不合格だったくせに、はずみでTVの合格インタビューをカッコよくキメてしまったワタル。思えばそれがマチガイだった。ゆり絵は悲劇のヒロインじみた電話をよこすし、蓉子(ようこ)とは因縁めいた再会を果たして絶句するし…。昔のコトは忘れ、すべりどめの大学で平和なキャンパス・ライフを送りたいというワタルの願いは、早くもスタートから華麗な(?)つまずきを見せるのであった…。
[1〜2巻20%OFF] 雑居時代
啓明高校はじまって以来の才媛と噂に高い『倉橋さんちの数子さん』――それがこのあたしってわけ。それなのに同居中の譲叔父さんに失恋してしまい、大ショック。がっくりきたあたしは、外国へ教えに行く花取教授宅の留守番をかってでた。ところがその家に押しかけてきたのが、同じ学校の漫画家志望の家弓って問題児に北大志望の浪人生・勉。かくして女二人男一人の雑居生活がはじまった!
[1巻20%OFF] なぎさボーイ
〈男はすべからく泰然と構える〉のが理想の俺なのに、体は小づくり、しかも女顔、とどめが名前で雨城(うじょう)なぎさ! 幼稚園で複数の男どもから求愛(プロポーズ)され、今は蕨(わらび)第一中全校生徒からなぎさちゃん呼ばわりだ。その屈辱の過去の元凶・北里(きたさと)と、ちゃん付けの張本人・多恵子が俺に囁(ささや)いた。三四郎が恋わずらい!? ――恋に、受験に、揺れる青春前期、肩肘つっぱらかったシャイボーイの、悪戦苦闘のラブコメディ!
[1巻20%OFF] 多恵子ガール
特別な人。たとえば、誰にどんなふうに見られてもいいけど、世間の目なんかかまっちゃいないけど、その人に変に思われたくない、その人の目には、とびきりの自分が映っててほしい。そんなふう? そんな人なら、いる。いるけど。――シャイなクセに肩肘張って、勝手にあたふたしてるあのなぎさくんを、多恵子の目で覗いてみれば…? というわけで、『なぎさボーイ』姉妹編待望の登場です!!
[1巻20%OFF] 北里マドンナ
近頃、親友のなぎさがまぶしい。人に負けることを恐れずに何事にも立ち向かっていくなぎさを見ていると、北里(きたさと)はコンプレックスを感じてしまうのだ。多恵子という彼女がいるのを知りながら、一途になぎさを想い続ける槇修子(まき しゅうこ)の存在も気になるところ。なぎさに負けないいいオコトになりたい。そう願うハンサム・ボーイ北里の奮闘ぶりは…。『なぎさボーイ』シリーズ、待望の続編!
[1巻20%OFF] 月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!
17歳の貴志子(きしこ)は、親子ほどに歳が違う恋人の有実(ありざね)から、彼の娘の晃子(あきらこ)を預かってほしいと頼まれた。晃子は15歳。気が進まなかった貴志子だが…? 表題作『月の輝く夜に』のほか、同じく文庫未収録作品『少女小説家を殺せ!』『クララ白書番外編 お姉さまたちの日々』を収録。そして文庫・単行本で134万部を記録した不朽の名作『ざ・ちぇんじ!』上下巻を併せた、氷室ファン必読の1冊!
[1巻20%OFF] 白い少女たち
倫子(ともこ)の不吉な予感は現実となっていた。千佳はすでに失跡していたのだ。(私の言葉が足りなかったのか、それとも心が。両親や無二の親友の瑞穂(みずほ)にさえ言うにはつらすぎたことを話してくれたのは、私の中に同じ痛みをみたからに違いない)“千佳は生きている! 立ち直って帰ってくる”倫子はそう信じたかった。北国の女子学園を舞台に、繊細でゆたかな少女たちの愛と友情を描く書下ろし長編!
[1巻20%OFF] さようならアルルカン
私は“さようならアルルカン”と書いて、真琴のくつ箱にそっと入れた。小学六年の時から、ずっと見つめてきた彼女は、今やジョークを言い、皆を笑わせ、自らにnot to beを命ずる道化師(アルルカン)になっていた。アウトサイダーであった真琴。他人のぬれぎぬを我が事のように怒った真琴。私の憧れは裏切られ、もはや私の知っている真琴ではなくなっていた。真琴の変化は、果たして成長なのだろうか。
[1巻20%OFF] 蕨ヶ丘物語
陸の孤島(?)蕨ヶ丘には、古色蒼然たる名家、我が権藤家が君臨している。ところが、長女・長子姉さまがめでたく勘当されて以来、権藤家四人姉妹の和は崩れ、跡継ぎを互いになすりつけ合う凄絶な闘いが始まった。あたし(次女・次子)だって戦うぞ。命をかけて戦うんだ! で、計画したのが偽装駆け落ちなんだけど、相手がなんと『薄野(すすきの)の帝王』と呼ばれるプレイボーイの洋之介。不安は残るのよねえ……。
[1巻20%OFF] 恋する女たち
あたしには二人の変な友人がいる。何かというとすぐに自分の葬式を出す、死に癖のある緑子がその一人。もう一人の汀子は秀才ではあるが、考えることはまったく訳がわからない人間だ。もっとも、あたしにしても普通の高校生とはいいがたい。この三人がそれぞれに恋をした。そして、緑子はその美貌にもかかわらず失恋し、汀子は相手の男性と旅行に出かけ、あたしもやっぱり片恋のままに……。
\ポイント激増キャンペーン中!/
└無料アプリDLなどで書店ポイントがもらえる!
[PR]