やまだ書店からのお知らせ
2020/8/12
8月18日00:00〜05:00頃、メンテナンスにより、ログイン・課金に制限がございます。
≫詳しくはこちら

Y.M.M.Player12月号
著者名:プレイヤー編集部
権利元:プレイヤー・コーポレーション
残りポイント:0pt
作品の購入には会員登録が必要です。

作品紹介:

 Player2020年12月号は浅井健一の初表紙による巻頭特集。満を侍して遂にグレッチからリリースされるシグネチャーモデルを元に徹底インタビュー。グレッチファクトリーを見学に訪れたベンジーに帯同したり、彼がセレクトしたギターコレクションを紹介。さらには自身の要望により実現した鮎川誠とのスペシャル対談も掲載。そしてこれを祝して「グレッチを愛するミュージシャンたち」と題した連動企画を転載。横山健(Ken Yokoyama)、チバユウスケ(The Birthday)という国内グレッチエンドーサーの撮り下ろしインタビュー記事が実現しているほか、ロカビリーシーンの超新星The Biscats × TeddyLoidとそのグレッチコレクション、さらにグレッチユーザーである佐々木亮介擁するa flood of circleのインタビュー、ヴィンテージ・ギターを徹底解析するVintage Guitar Archivesでは1960 PX6120 Chet Atkins Hollow Bodyを紹介。センターページのピンナップも含めて怒涛のグレッチ特集の1冊に仕上がりました。 さらにはハードウェア特集もたっぷりで、ジョン・ペトルーシの最新インタビューも読みどころのERNIE BALL MUSIC MAN Majesty、Asher Guitars、SAITO GUITARSのディープな記事、またChar監修・審査 ワウ・コンテスト開催、最新作『Staying ZICCA』をテーマにCharの撮り下ろし最新インタビューも掲載! インタビューではRei × GLIM SPANKY、WANDS、ACE FREHLEY、真心ブラザーズ、DEREK SHERINIAN、ELVIS COSTELLO、SAKI (Mary’s Blood/NEMOPHILA)とフレデリク・ルクレール(元ドラゴン フォース/現クリエイター)によるプロジェクトAMAHIRU、super arucaと国内外問わずPlayerならではのディープなインタビューをお楽しみいただきます。 センターページにはEDDIE VAN HALENに哀悼の意を評したフォトカードも掲載。楽器誌の真髄をご覧いただけます。



※ 電子書籍の送受信データの容量が大きい場合は、パケット通信料が高額になりますので、パケット定額制サービスのご利用をおすすめします。